成年後見のこと

「成年後見制度」で高齢者や障がい者をサポート

高齢者や障がい者等が、判断能力が不十分なために不利益を被らないようにお手伝いするのが「成年後見制度」です。司法書士は自らが後見人や保佐人となって、財産の管理を行ったり、悪徳商法の被害に遭わないよう保護したりするなど、高齢者や障がい者をサポートしています。元気なうちから契約で後見人を定めておく「任意後見」と、すでに判断能力が不十分な状況にある方々が利用する「法定後見」の2種類があります。司法書士は成年後見事務の受け皿として、いち早く「公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート」を立ち上げています。

このようなとき、ぜひご相談ください

  • 元気な今のうちに、将来入る施設のことについて決めておきたいとき
  • 将来、自分の代わりにあらゆる手続きをしてくれる人(任意後見人)を、今のうちに決めておきたいとき
  • 将来、認知症などになってしまった場合の財産管理が心配なとき
  • 自分に何かあった場合、障がいをもった子どものことが心配なとき
  • 認知症の親の不動産を売却して、入院費に充てたいとき
  • 老人ホームにいる親の年金の管理が心配なとき
  • 一人暮らしの老後を安心して過ごしたいと考えたとき

ページの上部へ

釧路司法書士会